So-net無料ブログ作成

今日から新年度。

今日から新年度。
毎年のことなんだけど、気持ちを新たに…なんて事を言ってる間も無く済崩し的に物事が進んで行くこの時期。

3月26日名取市文化ホール(仙台)で宮城三女の高嶋みどり合唱曲の収録。
キャパは1,100名位。立派できれい。音もまあまあきれい。ホール内よりもロビーの方が響く。全体に造りがフラットで使い易い。こんなところにまで、エイベックの桜井さんはもう来ていた。

3月27,28日佐野の岩舟文化ホールで川上氏のカプースチン第3集の収録。
キャパは700名位なんだけど響は長い。若干定在波がある。栃木訛りの係りの方がいい味。よくやってくれて感謝。
録音は予想どうり大変ハード。耳が疲れた。

3月29日桜美林大学新チャペルのオルガン奉献式の収録。
なかなか音の整ったいいオルガン。チャペルはもうちょっと響いてもいいんじゃないかな。円形螺旋状で左右非対称。眠くて死にそうでした。
その晩、松濤に戻って、吉田記念オーケストラの編集。結構辛い。

3月30日佐竹由美さんの編集。
佐竹さんは明るくて面白い。チェロの銅銀さんは浮世離れしていて面白い。マリンバの竹島君は抜けていて面白い。ハープの早川さんは見てくれと違ってアスリート?健康オタク?なんだかそんなギャップが面白い。

3月31日新鋭ピアニスト福間洸太朗さんのアルベニス曲集のマスタリング。
東芝を退職された池田engの録音です。DATステーションで編集してるらしい...。ハーモニーの佐藤さんからの以来です。

今日は明日からの林美智子さんのスタジオでのアルバム作りの準備です。

ホール録音のノウハウがどの位スタジオで生かせるようになったか挑戦の始まりです。この年齢になって録音において挑戦と言うだけでは許されないのだけれど、正直、やはり挑戦です。何とか結果を出して次に繋げたいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。