So-net無料ブログ作成
検索選択

女声アンサンブルJuriの演奏会

11/6(日)、女声アンサンブルJuriの第9回演奏会の録音に行ってきました、会場は晴海の第一生命ホール。

このホール、以前は3点吊り以外に補助マイクを使おうと思うと、床にスタンド直置きか天井裏から吊り降ろすしか方法がなかったのですが、最近はホール常勤の音響さん手作りの仮設ワイヤーシステムがあり、2階バルコニー席の高さから比較的容易に補助マイクを吊り下げる事が出来、仕込みが随分楽になっています。
また音の響きが良く、ホールサイズも含めて、とても録音のし易いホールでもあります。

Juriは山梨を中心に活動している合唱団で、少人数ながら実力派の合唱団で、指揮は藤井宏樹氏。

今回の演奏会は、永瀬清子さんの詩に寺嶋陸也さんが曲を付けた「春と詩」の委嘱初演が目玉でしたが、その他にもフェデリコ・ガルシア・ロルカの詩に寺嶋陸也さんが曲を付けた「こおろぎは歌う」、寺嶋陸也さんが明治の唱歌を編曲した「見渡せば」(1st Stageのシューマンの3つの歌を除き、全て寺嶋陸也さんの伴奏)等とても聞きごたえのある演奏会でした。

使用したマイクは、
メインマイク(3点吊り):DPA4006
合唱の近接マイク:Shoeps CMC6xt+21×3本(女声合唱なので、基本3本でOK)
ピアノ補助マイク:Shoeps CMC52S×1本、と極めてノーマルなセッティング
録音機は、メインマシーンがProTools HD、サブマシーンがEDIROL R4Pro。
当然ではありますが、DAWにProToolsを使ってはいますが、ステレオミックスのみの2CH録音です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。